一括査定の流れを紹介。安心して査定してもらうために。

 

今まで乗っていた車は下取りではなく、買取

一括査定を使うことで、
買取業者に車を売りやすくなった今、
下取りに出すメリットは、ありません。

車を高く売るなら、
買取してもらうのが一番であることは間違いありません。

しかし、買取を楽にしてくれる、
一括査定に不安が全くないというわけではありません。

これから一括査定を使おうとしている人や、
既に一括査定を使った人が感じた不安には、
次のようなものがありました。

『どういう手順で車の買取ができるのかわからない。』

『申し込みをした途端、ものすごい数の電話がかかってきた。』

『どの一括査定を使えばいいかわからない』

一括査定を利用するのをためらう、
もっとも大きな理由は、
申し込み直後の業者からの営業の電話です。

今、一括査定をしてみようかと悩んでいるあなたも、
まさにこの不安を一番大きく感じたのではないでしょうか?

でも、大丈夫です

そう言える理由を順番に説明していきます。

一括査定を使った買取までの流れ

一括査定を使った買取は、

一括査定の申込

一括査定の運営会社から買取業者へ連絡

買取業者から査定日を決めるための電話

査定

一番高い査定結果の業者に車を売却

で、車を買い取ってもらえるようになっています。

一括査定を使う上で一番不安な、『業者からの電話』

まず、この電話は一括査定の運営会社からではなく、
運営会社から連絡を受けた買取業者からかかってきています。

電話の目的は、査定する日にちを相談することです。
そのため、査定する業者の数だけ電話がかかってくることになります。

業者の中には、
一括サイト経由で買取の申し込みがあると、
すぐに申込者に電話がいくシステムを構築しているものもあります。

なぜ、そうまでして”スピード”にこだわるのかというと、
一番最初に電話で相談できた業者が、
車を買い取ることができる確率が高いというデータがあるからです。

実際には、そうでない場合もあるはずですが、
買取業者の中には、このデータを信じて、
スピード勝負を続けているところがあるため、
一括査定に申し込んだ直後に、
たくさんの電話がかかってくるようになっているわけです。

査定してもらうためには、
どうしても、実際に車を見て確認する必要があるため、
査定日を決めるというのは避けられません。

つまり、一括査定を利用する以上、
最初の業者からの電話対応は避けることが難しいと言えます。

ただ、負担を減らすことはできます。

買取業者からの電話対応の負担を減らす方法

その方法とは、査定日をまとめてしまうことです。

理想では、同じ日の同じ時間帯に、
全ての買取業者に同時に査定してもらうことです。

そうすれば、自然と業者同士の競り合いが生まれ、
一番高い査定額を出してくれた業者に車を即日で売ることができます。

このように決めることで、目の前で売れたことを見ているわけですから、
後日、

『他の業者さんはいくらで買うと言っていますか?』

『うちなら、それよりも高く買い取りますよ。』

といった、業者からの探りの電話もかかってきません。

一括査定に申し込む前に、
予め査定日を決めておくことで、
スムーズに電話対応を済ませることができます。

どの一括査定を使うのがいいの?

一番おすすめできるのは、

安心車.JPです。

知名度はまだありませんが、
運営する、株式会社イードは、
東証マザーズに上場する企業です。

e燃費やResponseといった、
自動車に関わる情報サイトの運営もしています。

車好きの方なら、一度は見たことがあるような、
有名なサイトです。

安心車.JPの一番の利点は、
電話による相談窓口が設置されていることです。
※平日9:00〜17:00

実は、ほとんどの一括査定では、
電話による相談窓口を設置していません。

安心車.JPはその名の通り、
”利用者が安心して車を買取してもらえる”ことを、
売りにしています。

また、査定する業者は、
日本自動車流通研究所(JADRI)に加盟している、
優良な業者のみです。

なぜ、”安心”を謳い文句にするメリットがあるのかというと、
安心じゃない業者がいるからですよね。

しかし、そういった業者が増えることで、
車の買取が全く利用されなくなって困るのは、
車を売る私たちではなく、
車を買い取っている業者なんですよね。

だから、買取業者は自主的に、
”安心して買取できるシステム”の構築を目指しているわけです。

買取で得たお金を支払いに回すことができれば、
新車の支払い総額を30万円以上減らすことも、
決して難しくありません。

今乗っていた車を、安く下取りに出すか

多少の手間はかかっても、高く買い取りしてもらうか

決断するのはあなたです。