下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

ジムニーの4WDはパートタイム4WD方式です。

状況により、4WDと2WDを切り替えることができます。ぬかるんだ道を走る時には、4WD-Lに切り替えることができます。

しかし、4WDから2WDに切り替えするとき、ランプが点滅したり、異音が聞こえるなどの事例があるようです。
ジムニーの4WDの仕組みについて解説します。

ジムニーの4WDの特徴

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

3つの走行モードを使いこなして、ジムニーで悪路を走破する!

ジムニーは、初代から新型まで、パートタイム4WDを採用しています。本格的な悪路走行を目的とする車だからこそ、シンプルな構造にすることで、故障や不具合の発生率を抑える目的があります。

  • 2WD
  • 4WD-H(4WD高速)
  • 4WD-L(4WD低速)

2WD

ジムニーで市街地や、高速など、舗装された道を走るときは、2WDモードにします。

ジムニーの2WDモードでは後輪駆動となり舗装された道路では、こちらの方を使うのが有効です。

但し舗装路でも雨や雪などで湿ったコンディションの場合は、4WDが有効なときもあります。基本的にはオンロードでは2WDを使用するほうが良いでしょう。

2WDでは4WDに比べ燃費も良いので、経済的なメリットがあります。

4WD-H(4WD高速)

雪道や荒地など、2WDでの走行が難しいときに、4WD-Hモードにします。

ジムニーで雪道を走るときには、スタッドレスタイヤに変えたり、場合によっては、タイヤチェーンを装着することが必要です。

ジムニーのタイヤ交換やタイヤチェーンの装着についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
ジムニーのタイヤサイズの純正は?タイヤカバーの種類とおすすめを紹介!

4WD-L(4WD低速)

荒地でも、さらに過酷なぬかるんだ道や、急勾配な坂道を走行するときに、4WD-Lモードにします。4WD-Lモードでは、普段の2倍近いトルクを発揮することができます。

ブレーキLSDと組み合わせることで、これまでは抜けることが難しかったぬかるみも、走破することができるようになっています。

ブレーキLSDはオプションで選ぶことができます。通常はヘリカルLSDです。両者の違いについて、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。
ジムニーのオプションカタログ一覧とおすすめを紹介!LSDの効果は?

そもそも、4WDにはパートタイム式とフルタイム式があることを、ご存知でしょうか?

パートタイム方式

現在では多くのクロスカントリー車では主流となっているのがフルタイム4WDですが、新型ジムニーでは引き続きパートタイム4WD方式が採用されています。

トランスファーレバーをドライバー自身が路面状況により切り替える方式でセンターデフがないために前後のタイヤの調整ができないためにタイトコーナーブレーキング現象が起こるデメリットがあります。

パートタイム4WDの場合4WDモードで、乾燥した舗装路を走行した場合には前後輪の駆動の負担となるので注意が必要となります。

フルタイム方式

ドライバーがトランスファーの切り替える手間がいらず前後の駆動の配分を自動で制御してくれます。

中央のデファレンシャルの効果により常に4WDの安定した走行が可能となります。

主なメリットは急激なカーブなどで起こるタイトコーナーブレーキング現象が解消され舗装路でも安定した走行が可能となり欠点としては燃費が悪いことがあげられます。

タイトコーナーブレーキング現象とは
4WDモードで乾燥した舗装路を走る時に、ハンドルを限界まで切って旋回するとブレーキをかけたような状態になることがあります。この現象をタイトコーナーブレーキング現象といいます。
タイトコーナーブレーキング現象は旋回するとき前後輪に回転差が生じるために起きる4WD車特有の現象で異常ではありません。この現象が発生したときはハンドルの操作力が重くなります。

ジムニーの4WDから2WDへの切り替えができない?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

ジムニーで4WDに切り替えるとランプが点滅

4WDに切り替ようとトランフファーレバーを操作しても、ランプが点滅して、切り替えることができない。という現象は、先代のJB23で報告されています。

主に走行距離や、使用期間が経過することで、切り替えを制御する装置の劣化が原因であることが多いようです。ディーラーや整備工場で、パーツ交換することで直すことができます。

交換パーツの例
トランスファモーターアクチュエーター交換

ジムニーは20年経って、フルモデルチェンジされたように、長く乗り続けるユーザーが多い車です。また、悪路走行を目指す車であるため、車体に与えるダメージも大きいです。

そのため、いくら頑丈に作られたとはいえ、定期的な点検と整備をすることで、より長くジムニーに乗り続けることができますよね!

ジムニーで4WDに切り替えると異音がする

中速域に差し掛かると、異音がするという報告があります。これは、インチアップするなどして、車高を上げた時に起こる現象です。

ジムニーの悪路走行性を高めたり、見た目を変えることを目的として、車高をあげる際には知っておく必要があります。

異音の原因は、プロペラシャフトの角度がきつくなったことです。対処法としては、トランスファを下げたり、キャスターウェッジでフロントデフの後方部を上に起こすなどがあります。

対処法としては前者がおすすめです。後者の場合、ハンドリングに違和感を感じたり、操縦性に支障が出ることが想定できるからです。

この異音は、放っておいても走行性能には問題がないとされています。しかし、「異常な音」というのは、車の異変を知る大きなシグナルの一つです。この音に慣れて、本当に重要な異変に気づきづらくなってしまうのは危険なため、車高を上げる際には、なんらかの対策をこうじておく必要がありそうです。

ジムニーで4WD-H、4WD-L、2WDに切り替える方法

旧型ジムニーではトランスファー操作はボタン押して切り替えていましたが、今回のフルモデルチェンジにより新型ジムニーではトランスファ―レバーのタイプに変更されています。

変更理由としてはジムニーユーザーからの不満の声も多く今回のフルモデルチェンジに伴い再びレバー式に戻された経緯があります。

トランスファーの詳細

トランスファーとはSUVなどの4WDには必須の装置で前後輪に駆動力を分配するためにあります。

大きく分けて2つの種類がありギア駆動とチェーン駆動に分けられます。

ギア駆動は、主に大型のトラックなど大きな駆動力必要とする場合に使用されています。
対してチェーン駆動では、騒音を最小限に抑えるチェーンを使用し直結していない車軸もしくは前後の車軸を回転させる仕組みです。

チェーン駆動の一番のメリットは、軽量化されていることで主に小型のトラックやSUVなどの車で用いられています。

更に新型ジムニーでは、ドライブシャフトからの駆動伝達を遮断できるエアロッキングハブが取り付けられており前輪部分に装置が装着されています。

ジムニーの2WDの特徴とつかいどころとは?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

ジムニーで、市街地の舗装された道や高速道路を走る時には、2WDモードにしておくことをおすすめします。

なぜなら、ジムニーはもともと、とても燃費が悪い車です。悪路走行を目的されているため、フレームが重く、4WDを採用しているため、2WDには必要ない装置があるからです。

4輪全てに、エンジンから発生するトルクを伝えるよりも、2輪だけに伝えた方が、基本的には燃費がよくなります。

セカンドカーとしてジムニーに乗るなら、そこまで気にする必要はありませんが、普段乗りでも、ジムニーに乗る時には、4WDモードにしっぱなしで、気づいたらガソリンがすぐに減っていた!なんてことにならないように気をつけましょう!笑

さらに燃費を少しでもよくするためには、市街地でも、カーブが多い道や、加減速が多い道を走る時には4WDに切り替えると効果的です。

一定した速度で走るなら、2WD。速度が不規則に変化する状況なら、4WDと考えるといいかもしれません。

ジムニーは、悪路走行だけでなく、運転を楽しむことを目的とした車です。せっかくなら4WDの能力を最大限に発揮できるような走行を楽しんだり、カスタムを施して、楽しく乗りたいですね!

 

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-