下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキのジムニーとジムニーシエラの違いは普通車か軽自動車であるかの他に何があるのでしょうか?

ジムニーとジムニーシエラは2018年の7月に20年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われ一新されました。最新の安全装備が搭載された両者の違いとは?

ジムニーとジムニーシエラはどっちがいいのか。価格やスペック及び燃費を比較します。

【スズキ・ジムニー】VS【スズキ・ジムニーシエラ】価格で比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

車を選ぶ基準を知る

まず、ジムニーとジムニーシエラを比較する前に、車を選ぶときに判断基準にするといい項目を紹介します。

車を選ぶ判断基準になる項目
  • 価格
  • 燃費
  • メンテナンス性(維持費・不具合発生頻度・手間)
  • リセールバリュー(買取査定額)
  • デザイン性(ボディカラー・内装・カスタムパーツ)
  • 走行性能(加速性能・乗り心地・ステアリング)
  • 安全性能
  • サイズ(後部座席の座り心地・車中泊のしやすさ)

車を選ぶときに価格よりも大切にするべきこと

車を買うときに予算をある程度決めている人がほとんどだと思います。でも、コンビニの買い物でも毎回きっちり予算を決めている人はなかなかいないですよね。

金額が少額なのもありますが、必要なものや欲しいと思ったものを選んで購入しています。

基本的には、クルマ選びも、必要な機能、欲しいと思えるかどうかが重要です。普段の買い物で乗ることが多いなら、小回りがきいて荷物の出し入れが簡単な車だと便利です。アウトドアライフを楽しみたいなら走行性能や燃費性能は欠かせません。

どんなに安く車を買うことができても、必要な機能がないと後悔していますよね。自分にとって必要なことは何か。最初から全て決めておく必要はありません。クルマ選びをしながら決めていくことが大切です。

スズキジムニーとスズキジムニーシエラは共にフルモデルチェンジされ大幅に性能も向上しています!

まずは車両本体価格と購入時に必要な費用から比較していきましょう。

スズキジムニーの価格およびその他の費用

まずは新型ジムニーの車両本体価格ですが、145万~184万(5MT車では約10万程割高)の価格帯でスズキセーフティサポートはJCとXCで標準装備されそれ以外のグレードではオプション扱いとなり42,120円の別途料金が掛かります。

その他に必要な費用

自動車取得税25,900円~30,600円

自動車重量税9,900円

自賠責保険料35,610円

リサイクル料8,650円

諸経費等50,248円(※グレードにより自動車取得税の料金は変動します)

スズキジムニーシエラの価格およびその他の費用

新型ジムニーシエラの車両本体価格は、176万~210万円(5MTは約10万程割高)の価格帯でこちらもスズキセーフティサポートは上級グレードにあたるJCのみに標準装備されJLグレードはオプション扱いとなるので42,120円が別途掛かります。

その他に必要な費用

自動車税(10月)14,300円

自動車取得税46,400円~50,400円

自動車重量税36,900円

自賠責保険料36,780円

リサイクル料8,940円

諸経費等50,115円

以上が購入の際にかかる金額ですが、ジムニーは軽自動車でジムニーシエラは普通車なので価格面ではジムニーの方が車両本体価格も税金面でも安く抑えられますのでお得感はありますね。

更にリセールバリューの面でもジムニーの方が、ジムニーシエラよりも買取り率も高くなっています。

【スズキ・ジムニー】VS【スズキ・ジムニーシエラ】大きさで比較

ジムニーのカスタムパーツ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

続いてはスズキジムニーとスズキジムニーシエラの大きさの比較をしていきましょう。

スズキジムニーのサイズのスペックをご紹介

全長/3,395mm

全幅/1,475mm

全高/1,725mm

室内全長/1,795mm

室内幅/1,300mm

室内高/1,200mm

車両重量/1,030kg~1,040kg

総排気量/0.658L

最小回転半径/4.8m

新型になり室内のサイズは少しワイドになりましたが、それでも若干の狭さは感じますね。

最小回転半径は同タイプの軽自動車と比較すると多少大きめですが、小回りは十分利くのでこれくらいなら問題のない範囲でしょう。

スズキジムニーシエラのサイズのスペックをご紹介

全長/3,550mm

全幅/1,645mm

全高/1,730mm

室内全長/1,795mm

室内幅/1,355mm

室内高/1,280mm

車両重量/1,070kg~1,090kg

総排気量/1,460L

最小回転半径/4,9m

ジムニーシエラとジムニーの違いは、ボディーサイズの大きさとエンジン性能です。

ボディーサイズはジムニーを上回っていますが、見た目ではさほど違いは感じられません。

車内の広さを比較するとほぼ同程度で、居住性はジムニーとほとんど変わりなく普通車として見た場合にジムニーシエラはかなり手狭な印象ですね。

ジムニー VS ランドクルーザー デザインで比較する

ジムニーのエクステリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

ジムニーシエラのエクステリアデザイン

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/styling/

ジムニーのインテリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/

ジムニーシエラのインテリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/comfort/

ジムニーとジムニーシエラのエクステリアの主な違いは1つだけです。1つはオーバーフェンダーが車体側面より張り出しているかどうか。外寸はジムニーシエラが一回り大きいですが、室内空間はほぼ同じです。

そのため、インテリアデザインは同じになっているようです。ジムニーシエラは全長がジムニーより155mm大きい分、荷室容量が増えているようです。

【スズキ・ジムニー】VS【スズキ・ジムニーシエラ】燃費で比較

最後にスズキジムニーとスズキジムニーシエラの燃料消費率の違いを見ていきましょう。

スズキジムニーの燃費とエンジン性能

ジムニーにはR06A型のターボエンジンが搭載されています。

R06Aエンジンの特徴として効率の良い燃費と低回転で高トルクを実現したエンジンであるということです。

エンジンのスペックは最大出力は47kW/6,000rpm、最大トルクは96N・m/3,500rpmとなっています。

燃料消費率の計測方法として国産車ではJC08モードが一般的ですが、ジムニーでは世界基準とされているWLTCモードを取り入れています。

WLTCモードとは高速・郊外・市街地で計測された数値を平均化して構成したもので、WLTCモードの最大のメリットは実燃費に近い数値を出すことができる点にあります。

ジムニーの燃費は、4ATでは13,2km/Lで5MTでは16.2km/Lで先代に比べ大きく燃費が向上しています!

スズキジムニーシエラの燃費とエンジン性能

ジムニーシエラには新しく開発されたK15B型式のエンジンが搭載されており、先代ジムニーシエラよりも力強さと低燃費の向上を実現しています。

エンジンのスペックは最大出力は75kW/6,000rpm、最大トルクは130N・m/4,000rpmとなっています。

ジムニーシエラの燃費は、4ATでは13,6km/Lで5MTでは15,0lm/Lとなっており燃費の面で見ればやはり軽自動車のジムニーの方が経済的ですね。

ここまでジムニーとジムニーシエラを比較してきましたが、価格の安さと燃費の良さで選ぶならジムニーの方に軍配は上がりますが、もしパワフルな走りを楽しみたいと言う方ならジムニーシエラがおすすめです。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-