下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキのジムニーとトヨタのランドクルーザーはクロスカントリー車としてどちらも人気のあるSUVです。

ジムニーとランドクルーザーは独自の特徴を持ち活躍の場も対照的な車と言えます。

ジムニーとランドクルーザーを価格やスペックおよび燃費の面で比較します。自身のカーライフにあったクロスカントリー車はどちらなでしょうか?

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザー】価格で比較

車を選ぶ基準を知る

まず、ジムニーとランドクルーザーを比較する前に、車を選ぶときに判断基準にするといい項目を紹介します。

車を選ぶ判断基準になる項目
  • 価格
  • 燃費
  • メンテナンス性(維持費・不具合発生頻度・手間)
  • リセールバリュー(買取査定額)
  • デザイン性(ボディカラー・内装・カスタムパーツ)
  • 走行性能(加速性能・乗り心地・ステアリング)
  • 安全性能
  • サイズ(後部座席の座り心地・車中泊のしやすさ)

車を選ぶときに価格よりも大切にするべきこと

車を買うときに予算をある程度決めている人がほとんどだと思います。でも、コンビニの買い物でも毎回きっちり予算を決めている人はなかなかいないですよね。

金額が少額なのもありますが、必要なものや欲しいと思ったものを選んで購入しています。

基本的には、クルマ選びも、必要な機能、欲しいと思えるかどうかが重要です。普段の買い物で乗ることが多いなら、小回りがきいて荷物の出し入れが簡単な車だと便利です。アウトドアライフを楽しみたいなら走行性能や燃費性能は欠かせません。

どんなに安く車を買うことができても、必要な機能がないと後悔していますよね。自分にとって必要なことは何か。最初から全て決めておく必要はありません。クルマ選びをしながら決めていくことが大切です。

スズキジムニーの車両本体価格とその他に掛かる費用

新型ジムニーは3種類のグレードから成りそれぞれMT車とAT車の設定があります。

各グレードの車両本体価格をご紹介します。

最上級グレードのXC

AT車/ 1,841,400円

MT車/1,744,200円

中間グレードのXL

AT車/1,679,400円

MT車/1,582,200円

廉価グレードのXG

AT車/1,555,200円

MT車/1,458,000円

※未然に事故を防いでくれるスズキセーフティサポートはXCの上級グレードでは標準装備されそれ以外のグレードではオプション扱いとなり42,120円の別途料金が必要となります。

その他に掛かる費用

自動車取得税/25,900円~30,600円

自動車重量税/9,900円

自賠責保険料/35,610円

リサイクル料/8,650円

諸経費等/50,248円

(※グレードによって自動車取得税の料金は変動します)

スズキジムニーは軽自動車ということもありお求めやすい価格設定なのも人気の一因ですね。

続いてはトヨタランドクルーザーの価格を見ていきましょう。

トヨタランドクルーザーの車両本体価格とその他に掛かる費用

トヨタランドクルーザーは4種類のグレードから成りいずれもAT車のみの設定となっています。

各グレードの車両本体価格のご紹介をします。

最上級グレードのZX

AT車/6,847,200円

上級グレードAX・Gセレクション

AT車/5,870,880円

中間グレードのAX

AT車/5,151,600円

廉価グレードのGX

AT車/4,739,040円

先進技術で事故を未然に防止するToyota Safety Senseは全グレードに標準装備され安心ですね。

その他に掛かる費用

自動車税/36,600円

自動車取得税/118,400円~171,100円

自動車重量税/61,500円 ~73,800円

自賠責保険料/36,780円

リサイクル料金/15,060円

諸経費等/65,727 円

(※グレードによって自動車取得税と自動車重量税の料金は変動します)

トヨタランドクルーザーとジムニーの価格を比較すると明らかな価格差ですね。

ジムニーは林業など山間部での仕事に従事する方や若者のユーザーが多いようです。

一方のランドクルーザーは富裕層のユーザーが大半で休日にゴルフなどのレジャーやショッピングなど楽しむために利用する方が多くユーザー層は分かれます。

スズキとトヨタの安全装備の性能の比較はさておき、両者の安全性能に対する考え方の違いが浮き彫りとなっています。

全グレードにToyota Safety Senseが装備されているランドクルーザーに対して、ジムニーに限らず、スズキの軽自動車のベースグレードはセーフティサポートパッケージが標準装備ではありません。

車両本体価格を安くする目的かもしれませんが、セーフティサポートパッケージにある装備は軽自動車といえども、つけておきたいものばかりです。トヨタやマツダと同じように、最初から全グレードに標準装備でもいいのではないかと思います。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザー】大きさで比較

次にスズキジムニーとトヨタランドクルーザーの車体のサイズを見ていきましょう。

スズキジムニーの車両本体のサイズ

スズキジムニーはコンパクトなサイズですが、クロスカントリー車として十分なパワーと耐久性があります。

ジムニーの主な車体のスペック

全長/3,395mm

全幅/1,475mm

全高/1,725mm

室内全長/1,795mm

室内幅/1,300mm

室内高/1,200mm

車両重量/1,030kg~1,040kg

総排気量/0.658L

最小回転半径/4.8m

最高出力/64ps/6,000rpm

最大トルク/9.8kgm/3.500rpm

タイヤサイズ/175/80R16

ホイールサイズ/16インチ

ジムニーはコンパクトなボディーサイズで山道などの狭い場所でも気にすることなく運転できます。

更に小回りも利くところも軽自動車のメリットですね。

トヨタランドクルーザーの車両本体のサイズ

ランドクルーザーの主なスペック

全長/4,950mm
全幅/1,980mm
全高/1,880mm

室内全長/2,715mm

室内幅/1,640mm

室内高/1,200mm

車両重量/2,430kg~2,690kg

総排気量/4.608L

最小回転半径/5.9m

最高出力/kW(PS)r.p.m/234(318)5,600

最大トルク/N・m(kgf・m)r.p.m/460(46.9)/3,400

タイヤサイズ/275/65R17 ~285/50R20

ホイールベース/2,850mm

ランドクルーザーは迫力のある大柄なボディーサイズが特徴でジムニーとは対極的ですね。

ジムニーは山間部などの狭い悪路などを得意としますがランドクルーザーは砂漠や大草原などの開けたフィールドを得意とします。

車体のサイズで見る限りジムニーの方が場所を選ばず走れ機能性にも優れています。

ジムニー VS ランドクルーザー デザインで比較する

ジムニーのエクステリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

ランドクルーザーのエクステリアデザイン

引用:https://toyota.jp/landcruiser/style/design/

ジムニーのインテリアデザイン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/interior/

ランドクルーザーのインテリアデザイン

引用:https://toyota.jp/landcruiser/interior/seat/

価格帯が2倍近く違うため、上質さで比較したら当然ランドクルーザーです。しかし、ジムニーの個性的なデザインも好評価です。

上質さを求めるのか、個性を求めるのか、購入者の好みやカーライフによって、どちらが適しているかは決まります。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザー】燃費で比較

最後にスズキジムニーとトヨタランドクルーザーの燃料消費率を比較していきましょう。

ジムニーの燃費と計測方法

まずはジムニーの燃料消費率の計測方法から見ていきます。

ジムニーでは燃料消費率の試算には世界基準となっているWLTCモードを採用しています。

WLTCモードはJC08モードよりも実燃費に近い数値を算出できるメリットがあります。

ジムニーの燃費は、4ATの場合は13,2km/L、5MTの場合は16.2km/Lと燃費で選ぶなら5MTの方が経済的ですね。

ランドクルーザーの燃費と計測方法

続いてランドクルーザーでは燃料消費率の試算はJC08モードで計測されているのでカタログに掲載されている燃費と実燃費とは誤差が生じると思ったほうが良いでしょう。

ランドクルーザーの燃費は、4ATの場合は6.7km/L~6.9km/Lと燃費は良くありません。

更にハイオク仕様なので燃料代も高くなります。

以上から燃費で比較した場合には圧倒的にジムニーの方が経済的でお得ですね。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-