下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキジムニーは機動性が高いのが特徴的で対するトヨタランドクルーザープラドはパワフルで高い安全性を誇ります。

この2つの車の価格やサイズさらには燃費の面から徹底比較していきます。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】価格で比較

まず最初にスズキジムニーとトヨタランドクルーザープラドの販売価格から比較していきましょう。

スズキジムニーの価格と購入時に掛かるその他の費用

スズキのジムニーはお手頃な価格で本格的なオフロード走行を楽しめ若者を中心に人気があります。

スズキジムニーは3種類のグレードが用意されています。

それでは価格と購入の際に必要な費用を詳しく見ていきましょう。

上級グレードXCの車両本体価格

AT車/ 1,841,400円

MT車/1,744,200円

中間グレードXLの車両本体価格

AT車/1,679,400円

MT車/1,582,200円

廉価グレードXGの車両本体価格

AT車/1,555,200円

MT車/1,458,000円

※未然に事故を防いでくれるスズキセーフティサポートはXCグレードのみの標準装備で他のグレードではオプション扱いとなり42,120円の別途料金が必要となります。

その他に掛かる費用

自動車取得税/25,900円~30,600円

自動車重量税/9,900円

自賠責保険料/35,610円

リサイクル料/8,650円

諸経費等/50,248円

(※グレードによって自動車取得税の料金は変動します)

上級グレードでも200万を切る価格なのも若者に根強く支持されている要因ですね。

優れた走行性能と機能性を兼ね備えたジムニーは2018年にフルモデルチェンジされより魅力的な車となりました。

ランドクルーザープラドの価格と購入時に掛かるその他の費用

トヨタのランドクルーザープラドは2017年9月にマイナーチェンジされ内外装のデザインを中心に変更されました。

更にToyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)を全グレードで標準装備され、より安全性の高いドライブを実現しています。

トヨタのランドクルーザープラドは3種類のグレードが設定されています。

それでは価格と購入の際に必要な費用を詳しく見ていきましょう。

上級グレードTZ-Gの車両本体価格

クリーンディーゼル2.8L/5,363,280円(7人定員)

TX・Lパッケージの車両本体価格

クリーンディーゼル2.8L/4,822,200円(7人定員)4,667,760円(5人定員)

ガソリン2.7L/4,202,280円(7人定員)4,047,840円(5人定員)

TXの車両本体価格

クリーンディーゼル2.8L/4,307,040円(7人定員)4,152,600円(5人定員)

ガソリン2.7L/3,692,520円(7人定員)3,538,080円(5人定員)

上級グレードTZ-Gはクリーンディーゼル車だけの設定です。

その他に掛かる費用

自動車税/21,200円

自動車取得税/88,400円~134,000円

自動車重量税/37,500円~61,500円

自賠責保険料/36,780円

リサイクル料/14,140円

諸経費等/¥65,727円

(※エコカー減税により全グレードのクリーンディーゼル車は自動車取得税と自動車重量税は免税となりその他にグリーン化特例やクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金が受けれて大変お得です。)

普通車とは言え価格は高めの設定ですが、排ガス基準をクリアしたクリーンディーゼルはエコカー減税の対象で購入するならガソリン車よりもクリーンディーゼル車の方が断然お得でしょう。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】大きさで比較

続いてジムニーとランドクルーザープラドの車体のサイズを比較していきましょう。

まずはジムニーのサイズのスペックから見ていきます。

スズキジムニーのスペック詳細

全長/3,395mm

全幅/1,475mm

全高/1,725mm

室内全長/1,795mm

室内幅/1,300mm

室内高/1,200mm

車両重量/1,030kg~1,040kg

総排気量/0.658L

最小回転半径/4.8m

最高出力/64ps/6,000rpm

最大トルク/9.8kgm/3.500rpm

タイヤサイズ/175/80R16

20年ぶりにフルモデルチェンジされたジムニーですが、先代のジムニーとのサイズの違いは全高が10mm程高くなっただけで他には変更はありません。

ジムニーはコンパクトなボディーサイズを生かして細い険しい山道でも難なく走れるのがジムニーの最大の強みでもありますね。

次にランドクルーザープラドのサイズの大きさを見ていきましょう。

ランドクルーザープラドのスペック詳細

全長/4,825mm

全幅/1,885mm

全高/1,835mm

室内全長/1825mm

室内幅/1565mm

室内高/1240mm

車両重量/2,320kg

総排気量/2.8Lクリーンディーゼル/2.7Lガソリン

最小回転半径/5.8m

最高出力/クリーンディーゼル車、130kW(177PS)/3,400rpm,ガソリン車、120kW[163PS]/ 5,200rpm

最大トルク/クリーンディーゼル車、450N・m(45.9kgf・m)/1,600~2,400rpm,ガソリン車、246N・m[25.1kgf・m]/ 3,900rpm

タイヤサイズ/265/65R17

ランドクルーザープラドは存在感のある大きなボディーが特徴的で室内空間も広くインテリアの質も良いので長時間のドライブではジムニーよりも快適です。

狭い山道などには適しておらずその点ではジムニーの方に優位性がありますね。

【スズキ・ジムニー】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】燃費で比較

最後にジムニーとランドクルーザープラドの燃費を比較していきましょう。

スズキジムニーでは国際基準とされているWLTCモードの計測が採用されています。

ジムニーの燃費消費率

各モードで計測した燃費をご紹介します。

WLTCモード/16.0km/ℓ
市街地モード/12.2km/ℓ
郊外モード/16.8km/ℓ
高速道路モード/18.0km/ℓ

WLTCモードでは、市街地・郊外・高速道路のデータを平均化して使用時間を配分し実燃費に近い数値を出すことができるので購入する際にユーザー側にも参考となりメリットがあります。

新型のジムニーは先代のジムニーと比較すると大幅に燃費が向上しています。

ランドクルーザープラドの燃料消費率

ランドクルーザープラドの2.8Lクリーンディーゼルと2.7Lガソリンの燃費を見ていきましょう。

2.8Lクリーンディーゼル/11.2~11.8km/ℓ

2.7Lガソリン/9.0km/ℓ

いずれもJC08モードの数値です。

ランドクルーザープラドは大柄な車体ですが、クリーンディーゼルエンジンでは燃費は意外と良い方で燃料も軽油なので安く済みガソリン車よりも経済的です。

ジムニーと比較するとクリーンディーゼル車なら燃費の面では大差はありません。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-