下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

ジムニーにはオプションカタログからおすすめを紹介します。

LSDは、標準でブレーキLSDが装備されていますが、オプションでヘリカルLSDを選ぶこともできます。純正のLSDと社外品とでは価格や性能にどういった違いがあるのか気になりますよね。

ジムニーで悪路走行を安全に運転するために必要なオプションについてご紹介します。

ジムニーのオプションカタログ一覧

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/

ジムニーは、本格的な悪路走行ができることを目的として作られていることから、標準装備がシンプルです。自分好みのオプションを装備していく楽しみを味わえますね!

オプション選びをしていく上で、まずどういったオプションがあるのかを把握しましょう!

メーカーオプション

メーカーオプションは、スズキのセーフティサポートパッケージと、ブラック2トーンルーフ、ブラックトップ2トーンのみです。

スズキのセーフティサポートパッケージ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/safety/

3つあるグレード(XG、XL、XC)のうち、最上位グレードのXCには標準で装備されているので、オプションで選ぶ必要はありません。

スズキ セーフティサポート
デュアルセンサーブレーキサポート
車線逸脱警報機能
標識認識機能
ハイビームアシスト
誤発進抑制機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
オートライトシステム
ライト自動消灯システム

ブラック2トーンルーフ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

ブラックトップ2トーン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

ブラックトップ2トーンはメーカーオプションでも、受注生産になります。そのため、納期は若干長くなる可能性があります。

ディーラーオプション

ジムニーには、たくさんのオプションパーツがあるため、ゼロから作り上げるのは少し難しいです。そこで、メーカーが推奨するスタイルが4つ用意されています。

ジムニーのスタイルオプション

  • オフロードスタイル
  • サバイバルスタイル
  • ヘリテージスタイル
  • リバイバルスタイル

オフロードスタイル

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/4

”躍動感が溢れる”オフロードスタイルです。

サバイバルスタイル

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/6

”冒険心を呼び起こす”サバイバルスタイルです。

ヘリテージスタイル

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/8

”ジムニーの伝統を継承する”、ヘリテージスタイル

リバイバルスタイル

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/9

”時代を超えて、今蘇る”、リバイバルスタイルです。

さらに詳しいカスタムパーツについてはこちら
ジムニーのカスタムで新型に選びたいカスタムパーツを紹介!

ジムニーのオプションのおすすめは?

ジムニーのカスタムパーツ

メーカーオプションのおすすめ

メーカーオプションで選べるのは、安全装備に関する、セーフティサポートか、ボディカラーの特別塗装色の2つのみです。ボディカラーは、ブラック2トーンルーフ、ブラックトップ2トーンが、好きかどうかがで決めることが一番です。

とはいえ、好きな色が特にない・・という人も結構いますよね笑
私も、即答できるような色はありません。もしあなたも、特に好きな色がないということでしたら、買取価格や、手入れのしやすさで選ぶのがいいですよ。

ジムニーの色選びに迷っているならこちらの記事を参考にしてください。
ジムニーの色に悩む人は必見!新型ジムニーの人気色を紹介!

そして、安全装備に関するオプションのセーフティパッケージですが、こちらは必ずつけましょう。最上位グレードのXCには標準装備されていますが、XL、XGには装備されていません。

もし、XC以外のグレードを選ぶなら、セーフティパッケージをつけることをお勧めします。セーフティパッケージには、最先端の安全技術が盛り込まれています。ジムニーの、20年における進化を感じながら、本格的な悪路走行も楽しむのは、ファンにとっては格別なものであるはずです。

ジムニーのナビは純正でもどれがおすすめ?

スズキ純正ナビゲーション(スタンダードプラス8インチナビセット)パナソニック製(157,680円)

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/24

こちらのナビゲーションは、8インチと大変見やすく地上デジタルチューナー内蔵です。特徴としては逆走検知機能を搭載しており危険があれば警告してくれます。更にドライブレコーダーナビ連動機能も内蔵されていて操作も簡単で便利ですね。

市販物とは違いスズキ自動車仕様のモデルとなっており、価格は本体価格が157,680円、取り付け費4,914円盗難対策のアイテムが3,240円で計165,834円となっています。

アウトドアでジムニーを使う方におすすめの純正オプション

カータープ(38,880円)

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/2

こちらはキャンプの老舗メーカーとOGAWAと共同でつくられた雨風を防いでくれるテントです。キャンプをする際には重宝するオプションです。

ベッドクッション(34,560円)

アウトドアや旅行で車中泊する際にとても便利なオプションです。低反発ウレタンフォームで寸法は、縦が170センチの横が54センチの大きさで不使用時は折り畳み式なのでコンパクトになります。

ジムニーの純正オプションパーツ

次にスズキジムニーのフロントグリルのパーツを見ていきましょう。

フロントグリルとは何か?
フロントグリルは今や自動車の顔の特徴を出す上で重要性の高いパーツになっていますが、本来の役割はラジエターを冷やす目的で装着されています。

ジムニーの通常のフロントグリルでは、メッシュ状のグリルを格子状の枠で覆い中央にはスズキのエンブレムがあしらわれたデザインです。

純正のオプションフロントグリル(36,666円)

引用:http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/4

ジムニーの純正オプショングリルは、先代をモデルにしたデザインでダークメタリックを基調とした塗装が施され中央にはローマ字でスズキのロゴが入っておりメッシュ状になっています。

価格はグリルが36,666円で取り付け費が2,106円掛かります。

ジムニーの人気度の高いオプション

その他、ジムニーのオプションで人気が高いものは次のようなものがあります。

ワイヤレスエンジンスターター(48,600円)

寒冷地などでは特にあると便利なこちらのオプションは乗る前に車内を暖房で暖めた状態で運転ができ重宝します。お値段は本体価格が48,600円で、配線キットが16,200円、取り付け費用が10,530円の計75,330円です。

リミテッドスリップデフキット(111,510円)

このオプションは凍結した路面などの状況で、安定性を高め悪路でタイヤがとられた時の脱出の際にも役立ちます。

ジムニーは純正だけでもカスタムは楽しめる?

ジムニーは、ベースグレードをはじめ、シンプルな装備で作られています。それは、オプションパーツを使って、マイジムニーを作り上げる楽しみを味ってほしいという思いがあるからでしょう。

ジムニーの純正オプションパーツをいくつか紹介します。

ホイールとチェーン

アルミホイール(本体21,600円、取り付け費4,212円)とスチールホイール(本体14,040円、4212円)の2つがあり他にも雪道対策としてスノーブレード(本体2,808円リア用本体2,268円)やタイヤチェーン(本体9,180円2本)もあります。

シートカバー

革調シートカバー(本体54,000円、取り付け費4,914円)はカラーはブラックで高級感のある空間を演出してくれます。

柄付きシートカバー(本体30,240円、取り付け費4,212円)は個性的な柄の入った撥水加工も施されたシートカバーとなっています。

防水シートカバー(本体15,120円)はしっかりと水分を弾いてくれます。

ジムニーの内装カスタムについて、詳しくはこちらを参考にしてみてください。
ジムニーの内装をオシャレに改造。新型ジムニーの内装カスタム。

カバー類

本革ステアリングホイールカバー(本体9,720円、取り付け費7,020円)カラーはブラウンとブラックで高級感のある本革です。

本革ドアグリップカバー(本体16,200円、取り付け費2,808円)見た目の印象が格段に上がります。

本革パーキングブレーキカバー(本体9,720円、取り付け費1,404円)

スピーカー

スピーカーは(本体8,856円取り付け費4,212円リア用、本体8,856円取り付け費5,616円)パイオニア製で高音質で快適なドライブを演出してくれます。

結論としてジムニーのメーカーオプションだけでも十分にユーザーの要望に応えるパーツが揃っているので自分の好みのカスタマイズが楽しめますね。

ジムニーのLSDの効果は?

ジムニーのLSD(リミテッドスリップデフキット)は、標準でヘリカルLSDが装着されています。オプションでブレーキLSDに変更することが可能です。

先に、LSDとはなんぞや?というところから確認しておきます。

ジムニーのように、本格的な悪路走行を目的とした車は、ぬかるみにタイヤがはまってしまったとき、いかにして脱出するかが大きなポイントの一つになります。

ジムニーは、全グレードがパートタイム式4WDを採用しています。4WDの場合、センターデフ、フロントデフ、リアデフと呼ばれる装置があります。これは、前後左右のタイヤの回転数の違いを調整するものです。

デフはすべての車に備えつけられていて、内輪差によるタイヤの回転数の違いを調整し、外側のタイヤに伝えるトルクを大きくすることで、カーブをスムーズに曲がれるようにしてくれます。

そして、これらの装置を制御するのがLSDです。具体的には、ぬかるみにはったタイヤが空転してしまうと、デフは空転するタイヤにトルクを伝えようとしてしまいます。

これではぬかるみを脱出することはできません。そこで、LSDが空転したタイヤに伝えるトルクを弱め、反対側のタイヤに伝えるトルクを強くすることで、ぬかるみを抜けることができるようになるわけです。

ヘリカルLSDとは

トルセンLSDの一種。トルセンLSDとは、トルクセンシティブ(=トルク感応型)の略で(株)ジェイテクトの商標名。差動制限力の強いタイプA、ヘリカルギアを使用し差動制限力の設定可能幅が広いタイプB、センターデフ用の不等トルク分配式のタイプCのほか、オープンデフの内部にタイプCを内蔵したツインデフ(フロントデフとセンターデフの機能を有する)が存在する。一般的にタイプAがトルセン式、タイプBがヘリカル式と呼ばれている。

wikipediaより抜粋

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

そして、ジムニーのオプションにあるブレーキLSDとは、タイヤに伝わるトルクを制御することなく、空転したタイヤをブレーキでコントロールして、反対側のタイヤに伝わるトルクを高めようというものです。

高度な運転テクニックを持つドライバーなら、意図的にブレーキとアクセルを調整することで、同じような方法でぬかるみをぬけるそうですが、新型のジムニーの、ブレーキLSDは、その卓越した技を機械的にこなしてくれます。

そのため、素人でも、簡単にぬかるみをぬけることができるんですね。

玄人ドライバーなら、自分の運転テクニックをお披露目する絶好の機械ですが、新型のジムニーは、一般のドライバーでもワインディングを楽しめる車といえます。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-