下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキジムニーは20年ぶりにフルモデルチェンジされ燃費や安全性も向上しています

新型ジムニーを購入した場合に気になる年間維持費を項目別にご紹介します。

【スズキ・ジムニー】新型ジムニーの維持費はいくら?

スズキの新型ジムニーは軽自動車なので、税金面は安く抑えることができます。

項目別に詳しくまとめてみました。

新型ジムニーの維持費用

まずはジムニーの税金の費用から見ていきましょう。

新型ジムニーの税金

新型ジムニーは残念ながらエコカー減税の対象車ではないので、減税又は免税の優遇措置はありません。

自動車取得税/購入の際に課税される税金

新型ジムニーの自動車取得税は26,600円~30,600円です。

自動車税/自動車税は車の排気量を目安に料金区分されています。

新型ジムニーは660ccなので10,800円となり普通自動車と比較するとかなり出費を抑えることができます。

自動車重量税/車両の重量で料金区分が決められており新車購入時と車検時に一括で支払う税金です。

新型ジムニー重量税

1年目~13年目/3,300円

14年目~18年目/4,100円

19年目~/4,400円

※気をつけたいのは自動車重量税はエコカー減税対象車でない場合には新車購入時から14年目と19年目で段階的に税金が引き上げられます。

新型ジムニーの保険

車の保険には強制保険の自賠責保険と任意で加入する任意保険の2種類があります。

自賠責保険/こちらの保険は必ず入ることが義務付けられており人身傷害補償の上限金額が3000万円までと決められています。

自賠責保険料は新車購入時と車検を受けた時に一括で支払います。

新型ジムニーの自賠責保険料

購入時に、3年分の35,610円をまとめて支払います。

車検時には、2年分の25,070円が掛かります。

任意保険は様々なタイプの商品がありますが、概ね年間で5万~7万は見ておいた方が良いでしょう。

新型ジムニーの車検費用

車検には法定費用というものがあり自賠責保険+自動車重量税+印紙代は必ず支払う義務があります。

新型ジムニーの法定費用は合計で35,000円位です。

更に工賃や修理が必要なら部品代も加算されてきます。

燃料消費率

ジムニーは新型となり燃費は向上していますが、WLTCモードでAT車は13.2 km/L、MT車では16.2 km/LとなっておりAT車では、燃費はあまり期待しないほうが良いでしょう。

駐車場の費用

こちらは住む地域や持ち家か賃貸かでも大きく変わってきますが、駐車場を賃貸で借りる場合には全国平均月で約1万円なので年間12万の費用が掛かります。

ジムニーの場合には日頃のメンテナンスも重要な車なのでオイル交換や定期点検も重要です。

ジムニーの年間でみた維持費は35万~40万で車検の年では40万~45万位です。

【スズキ・ジムニー】残価設定ローン

続いては新型ジムニーの残価設定ローンについて見ていきます

新型ジムニーの残価設定ローン

残価設定ローンとは?

残価設定ローンとは、新車購入時に3〜5年の期間の下取り保証額をあらかじめ設定しそれ以外の金額を分割返済するローンです。実際のところ所有権はディーラー側にあるのでユーザーからすると長期間レンタルしているような感じです。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンの最大のメリットは、残価設定することにより通常の自動車ローンに比べ低い利率となりしたがって月のお支払いを安く抑えることができます。

※残価設定ローンの残価部分は、期間満了時には支払う必要があるのでご注意下さい。

残価設定ローンのデメリット

残価設定ローンを利用する場合には利率は安くなりますが、結局は残価を3~5年経てば支払うので長く乗りたい方には不向きなローンと言えます。

更に利率の面だけで言えば銀行の通常の自動車ローンの方が利率も安く設定した所も多くあります。

また残価設定ローンでは、走行距離の上限やカスタマイの制限などの制約もあり所有権もありません。

残価設定ローンに適している方

車を短期間で買い替えることを考えている方

最新の新車に興味がある方

車を使う期間が限定的な方

通勤や買い物ぐらいでしか利用しない方

残価設定ローンに適していない方

運転好きで走行距離数が多い方

長期間乗り続けることをお考えの方

最後の残価分を現金で支払う方

車をカスタマイズしたい方

殆どの方は車を長期間乗るために購入される方が大半なので残価設定ローンよりも通常のローンのほうがお得です。

【スズキ・ジムニー】セカンドカーにジムニーを選ぶことはできる?

スズキジムニーは、メインでもセカンドカーとしても実用性のある車です。

山間部にお住まいの方は、セカンドカーとして利用されている方も多く都市部でも近所の買い物や通勤などにも最適な車です。

都心部では年に数回程、降雪がありますが4WDのジムニーなら問題なく走行可能なのでセカンドカーにはもってこいの車です。

更にアウトドア好きの方も、セカンドカーとして利用するのもいいかもしれません。

セカンドカーに適してる最大の理由として不要になった場合でも売却時の査定額が高値が付きやすいのも魅力の1つです。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-