下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキの新型ジムニーの安全性は、20年ぶりとなるフルモデルチェンジにより強化されました。

オフロード走破性に特化したジムニーですが、オンロードでも走行することができます。激しい走行をするケースが多いからこそ、安全性能は気になります。

スズキのセーフティサポートパッケージを代表する新型ジムニーの安全装備について紹介します。

新型ジムニーの安全装備が充実

引用:http://sp-suzukicar.jp/car/jimny/safety/

新型のスズキジムニーはフルモデルチェンジにより安全装備が追加されより一層の安全性が図られています。

新型ジムニーに新たに装備された装置を中心にご紹介します。

3本柱の安全技術と多彩な安全装備

スズキの新型ジムニーは3つの安全技術でドライバーの安全な運転をサポートしています。

基本安全

基本安全とは運転操作をスムーズし計器類も見やすく配置しドライバーが負担とならないように設計され更に広い範囲の視野を確保できるようにドアミラーも工夫されています。

予防安全

予防安全は新型に伴い追加された安全技術でありスズキセーフティ―サポートと呼ばれています。

様々な先進技術で事故を未然に防ぎドライバーを危険から守ってくれる安全システムです。

衝突安全

事故が起こってしまった場合に衝撃を最小限に抑える安全技術で最も重要となる所ですね。

以上の3つが安全面の根幹となりドライバーと同乗者を身の危険から守ってくれます。

続いて安全装備を見ていきましょう。

スズキセーフティ―サポートの内容

まずはスズキセーフティ―サポートの安全装備からです。

スズキ セーフティサポートパッケージ
・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発信お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ(※メーカーオプション)

事故を未然に防ぐことを目的としてさまざな安全技術が用いられています。

デュアルセンサーブレーキサポート

フロントガラスの中央上部に装着された単眼カメラとレーザーレーダーにより人や自動車及び障害物をいち早く検知して自動ブレーキが作動し回避や衝撃を最小限に抑制できる安全システムです。(※状況により警報のみで危険を知らせる場合もあります)

標識認識機能

単眼カメラで標識を認識しドライバーに警報と表示で知らせてくれます。

ふらつき警報機能

時速60km/h〜100km/hで走行中に蛇行運転やふらつきが酷いと警報や表示で警告され居眠り運転防止にも効果がありそうですね。

車線逸脱警報機能

時速60km/h〜100km/hで走行中に車線をはみ出した場合に警報や表示で警告してくれるシステムです。

先行車発進お知らせ機能

シフトレバーがD・N・2・Lレンジの時にブレーキを踏んだ状態で信号待ちや渋滞で停止中に先行車と約5m以上離れても動かなかった場合に警報や表示で警告知らせるシステムで渋滞などの時には重宝しますね。

ハイビームアシスト

時速30km/h以上で走行中に状況により自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれるので便利な機能ですね。

※スズキセーフティ―サポートはXCグレード以外はメーカーオプションとなり別途42,120円が必要なのでご注意下さい。

続いて衝撃安全の装備を見ていきましょう。

ジムニーは伝統でもあるラダーフレーム構造を元に新たに開発されたクロスメンバーで旧型よりもねじり剛性が1.5倍に向上しています。

新型ジムニーには軽量衝撃吸収ボディーTECTが採用され衝撃時の力を拡散、吸収して衝撃を緩和してくれます。

更に軽量化にも成功しフルモデルチェンジにより大幅に進化していますね。

SRSエアバッグも全グレードで装備されリアエアバッグ、カーテンエアバッグなど計6つのエアバッグが搭載されているので安心ですね。

新型ジムニーは運転しやすい?

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

新型ジムニーの操作性について見ていきます。

新型ジムニーは悪路を走ることを前提として製造されているのでステアリングはボール&ナット式で感度はやや低くめだが旧型ジムニーと比較すると大幅に感度は向上して運転がしやすくなりました。

初めてジムニーを運転される方は若干違和感を感じる人もいるかもしれませんが新型ジムニーなら問題ありません。

運転席からの視界は良好で車幅や後方も確認しやすく最小回転半径も4.8mと小回りも利くので狭い道路でもストレスなく運転できます。

走行中のエンジン音や揺れなども問題のないレベルです。

視界性能

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/safety/

ピラーやドアミラー位置、ピラー断面とピラートリム形状の最適化などにより、視認性を向上しています。安全運転をするためには、周囲の状況確認が欠かせません。車の設計段階から周囲の視認性向上が考えられていることは重要です。

運転姿勢と操作系

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/safety/

ジムニーは、オフロード走破性に特化しているため、ロードノイズもできる限り抑えられています。しかし、シートや運転姿勢が悪いと意味がありません。

さまざまな体格の方が快適に運転できるよう配慮したシートと、操作性を考慮したステアリングホイール、ペダル、シフトレバーは、楽な運転姿勢と適切な操作性の確保により疲労を低減します。

インターフェース

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/safety/

せっかくの安全装備も、使い勝手がよくないと十分に効果を発揮できません。ジムニーは視認性の高いメーターやディスプレイと、視認性や手の届きやすさ・操作方向・操作頻度などを考慮したスイッチ類の配置は、安心して運転に集中できる環境が設計されています。

ジムニーのオフロードでの安全性能はどうか。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

最後にスズキジムニーのオフロードでの走破性や安全性を見ていきましょう。

ジムニーの最大の魅力は悪路での走破性の高さにあります。

アウトドア好きの方はもちろんのこと、山間部にお住まいの方や山での作業に従事される方からも人気のジムニーは新型となり安全性と安定性が向上しています。

ジムニーの悪路での強さの秘密

パートタイム4WD

前輪と後輪をリンクして悪路でタイヤが空回りしてもパートタイム4WDにより駆動力を保つことが可能となります。

3リンクリジッドアクスル式サスペンション

前後の車輪とも左右が直接リンクしており、でこぼこした悪路などで効果を発揮します。

地上高

最低地上高は205mmと高くちょっとした岩などの障害物も難なくクリアできますね。

ブレーキLSDトラクションコントロール

駆動状態を4L(4WD低速)にチェンジすると、空回りした車輪の方だけにブレーキが作動しエンジントルクはそのまま保たれもう片方の車輪の駆動力を持続させ脱出性能を向上させ悪路では欠かせないコントロールシステムです。

ESP(車両走行安定補助システム)

横滑りを防止するスタビリティコントロールと、駆動輪の空回りを抑制するブレーキLSDトラクションコントロール更に急ブレーキの際にタイヤのロックを防ぐABSを制御するシステムです。

センサーによって走行状態を監視し状況によりエンジンとブレーキをコンピューター制御して車の安定な走行をサポートしてくれます。

以上の機能により新型ジムニーはオフロードでの安全性能は高いレベルにあると言えますね。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-