下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキジムニーについて「機械式駐車場で高さ制限がオーバーする?」という気になる声が挙がっています。

今回は外寸のサイズ感も調査しながらその噂の検証を行います。

また合わせてジムニーの外装の改造ポイントもご紹介します。

ジムニーの外寸(横幅、長さ、車高)を旧型と比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny

 

軽自動車市場で長く人気を保っているスズキジムニーですが、以前はダイハツテリオスキッド、三菱パジェロミニ、日産キックス、マツダAZオフロードなどが競合車種でした。

しかし現在はいずれも生産されておらず、新車として競合できる軽自動車はありません。

本来ならライバル車種と比較することでサイズ感がわかりやすいのですが、競合となる車種がないため、今回は今年発売された新型スズキジムニーと旧型スズキジムニーのサイズを比較しました。

実際に新型と旧型のサイズをまとめた表が下記になります。

寸法(mm) 旧型ジムニー 新型ジムニー
全長 3395 3395
全幅 1475 1475
全高 1715 1725
ホイールベース 2250 2250
トレッド() 1265 1265
トレッド() 1275 1275

全体的なサイズ感としては新型ジムニーの全高が10mm高くなった以外のサイズは変わっていません。

しかし、この10mmの高さが機械式駐車場に影響するのか気になるところですよね。

次で検証してみたいと思います。

ジムニーは機械式駐車場で高さ制限がオーバー?

引用:https://www.pakutaso.com/20120538134post-1467.html

 

先ほどご紹介した様にコンパクトなサイズのスズキジムニーですが、機械式駐車場には駐められるのか気になるところですよね。

機械式駐車場とは昇降機とパレットなどによって機械的に出し入れする駐車場のことを指します。

2階建て・3階建て、または地下につくり、機械によって上下左右を移動させることのできる駐車場です。

限られたスペースに多くの車を駐車できるので、都心のマンションなどに多く採用されています。

駐車できるサイズも様々で、近年ではワゴン車の様な大型車の収納も可能になった、機械式駐車場も設置されています。

気になる機械式駐車場のサイズですが、一般的に設置されている機械式駐車場は、長さ4850×幅1850×高さ2100mmまでの車を止めることが出来る仕様となっています。

スズキジムニーのサイズに置き換えてみると問題なく駐車できますね。

懸念されていた高さも問題ありません。

また、機械式駐車場には車両重量制限もあります。

こちらも、多く設置されている機械式駐車場の規格では、1800kgまでの車種が対応可能となります。

スズキジムニーの車重は1030〜1040kgとなりますので、こちらの基準も問題なく満たしています。

以上のことから、スズキジムニーは一般的な機械式駐車場には問題なく対応できることがわかりました。

しかし、あくまで一般的なサイズですので、スズキジムニーの駐車を検討している機械式駐車場が基準を満たしているか、必ず確認してから使用するようにしてください。

自宅アパートの近くで駐車場を借りる

ジムニーをセカンドカーとして購入する場合、自宅アパートの駐車場が満杯で使えないことがあります。この場合ほかの月極駐車場を借りることになります。しかし、探すとなると、なかなか空いていないんです。利便性のいい場所や安い駐車場はすでにいっぱいです。

しかし、駐車場がないわけにはいかないので、何とかして探すしかないとなると、自宅から遠かったり、料金が高かったりします。

「車のローンよりも駐車場代の方が高い」とか、笑い事にならないです・・。

安く借りられる方法は、主に2つです。

  • 知り合いのツテを頼る
  • 仲介業者から借りる

知り合いのツテを頼りに、駐車場を持っている人を探す。もう一つは、駐車場の仲介サービスを使うことです。

東京や大阪など都心に住んでいると、知り合いのツテはなかなか頼りにできません。そこで、アパートと同じように、駐車場も業者に仲介してもらうことで、安く借りられることがあります。

仲介業者の場合、アパートと同じように、空いているよりも、1円でもいいから借り手がいる方がメリットがあります。そのため、東京や大阪など主要都市で、何とかして安く駐車場を探したいという場合便利です。

安い価格で月極駐車場を探す(公式サイトへ)

ジムニーの外装を改造してオリジナルにする

引用:http://www.suzuki-accessory.jp/jimny/index.html

 

コンパクトなサイズで軽自動車の良い特徴を持ちながら、存在感の強いデザインと走行性能で長年愛されるスズキジムニーですが、愛される理由の一つとして、カスタムの自由度が挙げられます。

特に外装に関しては、様々な純正アクセサリーや社外パーツが販売されていることから、コンセプトの違う改造を楽しむことができるのです。

スズキジムニー専門店も存在することから、いかにスズキジムニーファンが多いかを伺い知ることができます。

外装の改造として大きな部品では、エアロパーツ・タイヤホイール・マフラー・車高調キットなどが挙げられます。

これらは、パーツひとつでスズキジムニーの印象がガラッと変わるので、目に見えるわかりやすいオリジナリティを追求したい方は、このような大きなパーツから変更すると良いでしょう。

特に角バンパーの改造は初心者におすすめです。

シンプルなスズキジムニーのデザインと角バンパーは、相性抜群のカスタムとなります。

またフロントバンパーアンダーガーニッシュや、スキッドプレートも販売されているので、コンセプトに合ったパーツを気軽にカスタムすることが可能です。

また、スズキジムニーの初心者にオススメなプチ改造として、ハロゲン電球からLED電球に変える改造方法があります。

ライトが変わると、スズキジムニーの雰囲気がガラッと変わりますので、一味違うスズキジムニーを手に入れることができるでしょう。

外装に関しては、先ほど挙げたような大きなパーツ以外に、ステッカーやタイヤカバーといった細かいパーツも含めると、スズキジムニーのかっこよさを引き出すパーツが豊富にあります。

見た目だけではなく、走行性能の向上や燃費の向上、安全性能のアップという点も視野に入れると、ワンランク上のカスタムができるのではないでしょうか。

「ジムニーは機械式駐車場で高さ制限がオーバーする?」まとめ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/performance_eco/

 

今回は「ジムニーは機械式駐車場で高さ制限がオーバーする?」という噂について検証するとともに、サイズ感の調査と外装の改造についてもご紹介しました。

検証の結果、一般的な機械式駐車場には問題なくスズキジムニーは駐車できることがわかりました。

またサイズ感の検証の結果、見た目の無骨さから存在感は非常に高いですが、コンパクトなサイズ感で実用性を兼ねそろえていることもわかりました。

スズキジムニーは、まさにかっこよさと可愛さを兼ねそろえた万能なクルマと言えるでしょう。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-