下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキの新型ジムニーのスペックにおいて、加速性能と乗り心地はどうなのでしょうか?

先代のジムニーから20年の時を経て2018年7月にフルモデルチェンジされました。

豊富なボディカラーのバリエーションだけでなく、オフロードの走破性に定評のある、新型ジムニーのスペックやライバル車との乗り心地や加速性能の違いをご紹介します。

ジムニーのスペック

まずはスズキジムニーの詳しいスペックから見ていきましょう。

ジムニーのスペック一覧

新型ジムニーはXC/XL/XGのグレードが設定されXCグレードにはスズキセーフティサポートが標準装備されています。

車体のサイズ

旧型と比べ全高が10mm高くなった以外にはサイズの変更点は特にありません。

全長/3,395mm

全幅/1,475mm

全高/1,725mm

室内全長/1,795mm

室内幅/1,300mm

室内高/1,200mm

車両重量/1,030kg~1,040kg

最小回転半径/4.8m

動力性能

旧型よりもエンジン最高出力と最大トルクは、若干落ちましたが燃料消費率は向上しています。

エンジン/R06A型水冷4サイクル直列3気筒ターボエンジン

総排気量/658cc

圧縮比/9.1

最高出力/47kw64ps/6,000rpm

最大トルク/9,6N.m9.8kgm/3.500rpm

タイヤサイズ

旧型からの変更は特にありません。

タイヤサイズ/175/80R16

ホイールサイズ/16インチ

ホイールベース/2,250mm

トランスミッション/4AT/5MT

燃料消費率

旧型に比べ燃料消費率は向上しています。

WLTCモード/16.2km/L(5MT)/13,2km/L(4AT)

市街地モード/14.6km/L(5MT)/11,0km/L(4AT)

郊外モード/17.5km/L(5MT)/13,9km/L(4AT)

高速道路モード/16.5km/L(5MT)/14,2km/L(4AT)

燃料/ガソリン(レギュラー)

カタログスペックの見方

どの車種にも主要諸元表が用意されています。この表を見ることで車のスペックを大体把握することができます。しかし、諸元表に書いている言葉の意味を知らないと、何が書いてあるのかわからないです。

実際、主要諸元表に書かれている内容を完璧に理解している人の方が少ないです。また、全てを理解する必要もありません。

オススメの主要諸元表の見方

  1. 何が選択可能なのか知る
  2. 全長、全幅、全高、車両重量
  3. エコカー減税、グリーン税制に対応しているか
  4. 総排気量

自宅マンションが機械式立体駐車場の場合、全高制限や車両重量制限にひっかかってしまうことがあります。マンションの駐車場が古い場合、特に注意が必要です。

エコカー減税とグリーン税制に対応していると、自動車税、自動車取得税、自動車重量税が免税もしくは減税されます。車を買うにはたくさんのお金が必要なので、節約できるところは節約しておきたいですよね。

総排気量の多さは、走行性能だけでなく燃費性能にも影響します。一般的に、総排気量が多い車は、車両重量も重くなるため、燃費は悪いです。

エンジンスペックの意味を知る

エンジンのスペックに書いてある項目は、専門用語ばかりで特に意味がわからないです。しかし、少しでも意味を知ると、車の性能を把握することが簡単になります。

いつも車の乗り換えのたびに、どれにするか迷っている。という方は、知っておくと便利ですよ。ここでは特に重要で全ての車に共通してある項目だけご紹介します。

総排気量
車好きでなくても、一度は聞いたことがある排気量。排気量を簡単にいうなら、エンジンのパワーです。

排気量が大きいほど、エンジンが生み出すパワーが大きくなるため、加速力は高くなります。しかし、実際の加速性能は車両重量も大きく関わってくるため、排気量が大きければ加速もいいとは言えません。

普通乗用車の排気量は1800〜2200ccです。高級車になると排気量は3000ccを超えます。ちなみに、F1マシンの排気量は過去は3000ccを超えていましたが、現在は規定により1600ccとなっています。

排気量が小さくても、馬力は当然計り知れないわけですが、その代わりに耐久性を犠牲にしています。

最高出力と最大トルク
こちらもよく聞く言葉です。最高出力を見れば車の最高速度がわかり、最大トルクを見れば加速力がわかります。

最高出力の単位は馬力やpsを使います。最大トルクの単位はkgf・mを使います。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは、回転数における出力とトルクの関係が異なります。

引用:http://qa.jaf.or.jp/mechanism/engine/05.htm

ディーゼルが低回転高トルクと言われるように、ディーゼルエンジンの場合、エンジンの回転数が低い方がトルクが太く、そのあと急激に細くなっていることがわかります。ガソリンの場合は、トルクの増減はなだらかです。

【スズキ・ジムニー】ライバル車種と乗り心地を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

続いては新型スズキジムニーのライバル車との乗り心地の快適さを比較していきましょう。

過去にはジムニーの最大ライバルであった三菱のパジェロミニが2013年に生産を終了したために軽自動車のオフロードカーのライバルとなりえる存在がいないのが現状です。

ここでは同じスズキの軽自動車のハスラーを比較対象として乗り心地を比べて見ましょう。

ジムニー・ジムニーシエラ・ハスラーの乗り心地の快適性

室内空間・振動・静粛性・シートなどのポイントに分けて乗り心地を比較していきましょう。

新型ジムニー

(室内空間)

ジムニーの室内空間は軽自動車の中でも狭い部類ではありますが、前席部分はスライドもできるのであらゆる体格の人でも窮屈には感じないとは思いますが、後部座席では大人2人が座った場合には長時間のドライブだとストレスを感じる狭さです。

(振動)

ジムニーは悪路を走行する前提でつくられた車ですが、サスペンションは伸縮性に長けており更にラダーフレームの改良により強度も増して市街地などの舗装路でも振動も少なく快適に乗れます。

(静粛性)

エンジン音は気になることもなく静粛性も旧型ジムニーよりも向上しており快適です。

(シート)

新型ジムニーのシートのクッションはやや硬めの設定となっており長時間のドライブでは快適性の面からはやや不向きかもしれません。

続いてハスラーを見ていきましょう。

ハスラー

(室内空間)

ハスラーの室内空間は前席部分は問題ありませんが、後部座席は若干狭い印象でヘッドクリアランスが約95mm程しかなく身長の高い方にはかなり手狭に感じられます。

荷物の収納はシートアレンジが自由自在に可能なので、大きな荷物を積むことができて便利です。

(振動)

ハスラーは舗装路でも上下に揺れる振動がありますが、これは空気圧の問題が大きく影響しており通常では適正空気圧は230kpaですがハスラーの場合には250kpaが適正空気圧となっているために乗り心地が悪化して快適性に影響を及ぼしています。

手軽にできる改善方法としては、空気圧を落とすことで他にもタイヤのインチの変更も効果的です。

(静粛性)

ハスラーの静粛性は良い方で、高速道路での走行でも問題なく快適なドライブが楽しめます。

(シート)

ハスラ-のシートの座り心地は、普通ですが長時間のドライブでは疲労感はあります。

比較して見るとジムニーの方が、総合的に快適性では上であるという結果です。

【スズキ・ジムニー】ライバル車種と加速性能を比較

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

最後に新型ジムニーとハスラーの加速性能を比較していきましょう。

新型ジムニーの加速性能から見ていきます。

新しくなったジムニーはエンジンが、R06A型水冷4サイクル直列3気筒ターボエンジンに変わりましたが悪路や市街地などの加速を必要としない場面では問題ありませんが高速道路では加速性能不足は否めません。

ジムニーは旧型のエンジンに比べ最大トルクも少し低めに抑えられており車重が重いためにパワーがもう少し欲しい所です。

対するハスラーは加速性能に優れている車です。

特にS-エネチャージの付いたエンジンでは、モーターの力を利用して低速からのスムーズな加速が可能で低燃費も実現しています。

ハスラーでは2WDと4WDから選択できるので、加速性能を優先で考えるなら2WDのほうが軽くなる分優れています。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-