下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

燃費が悪すぎると言われる新型ジムニー。前モデル(jb23,ja11)からフルモデルチェンジが行われましたが、新型ジムニーの燃費は改善されたのでしょうか。

新型ジムニーの口コミやなどからの燃費を計算してガソリン代を算出してみました。また、ジムニーの特性を考慮した燃費の改善方法についてもまとめました。

ジムニー購入を考えている人や、ジムニーユーザーの参考になれば幸いです。

新型ジムニー(jb64w)の実際の燃費

フルモデルチェンジを経てエンジンや安全装備が一新された新型ジムニーですが、実際の燃費はどのくらいなのでしょうか?燃費が悪いと言われているジムニーですが、ジムニーの実燃費や年間の燃料代を計算して検証してみます。

燃費とは、熱効率を数値化した指標で車の場合には1リットルでどのくらいの走行距離かを表しています。燃費の計測方法は、主に世界基準にもなっているWLTCモードとJC08モードがあります。

スズキのジムニーはWLTC モードを採用しておりJC08モードよりも実燃費に近い数値を見ることができます。

市街地や山道での実際の燃費

現在カタログ燃費の測定方式はJC08モードがほとんどですが、実は2018年10月からWLTCモードという国際基準が全面的に導入されることになっています。

そのため、一部のメーカーの車種ではWLTCモードで測定した燃費数値も掲載されています。このWLTCモードの精度がかなりすごいんです。

ジムニーの計測方法WLTCモード
日本でも2018年の10月から本格的にWLTCモードの導入が始まりメーカー各社は表示義務が課さます。
国際的にも主流となっているWLTC モードとは市街地、郊外、高速道路の3つの走行モードを平均的な時間配分で構成した測定モードです。
従来の計測方法JC08モード
これまで国内メーカーはこちらの基準で燃料消費率の算出をしていましたが各社ともWLTCモードに移行が進められています。
JC08モードとは複数の走行モードで測定する方法で主に市街地、郊外、高速道路の走行モードが用いられます。
しかしながらこの試験方法は実燃費とは大きく剥離があるのが欠点で20%~30%程の実燃費との差があると言われており実用的ではないことは確かです。
これから本格的にWLTC モードに切り替わることで消費者にもメリットがありますね。

新型ジムニーの実際の燃費

カタログ(5MTの場合WLTCモード/16.2km/ℓ)

実燃費(12.0㎞ /L~16.5㎞/L)実燃費平均値(12.1km/L

カタログ(4ATの場合WLTCモード/13.2km/ℓ)

実燃費(9.0㎞ /L~11.0㎞/L)実燃費平均値(10.6km/L)

条件により燃費は違いますが、平均化するとカタログ記載のWLTCモードの数値よりも実燃費の方が落ちますがジムニーの特性を考えると誤差の範囲で悪くない燃費と言えるでしょう。

ジムニーユーザーの方々には、

山道を走ってジムニーのポテンシャルを十分に生かしたオフロード走行をしたい!という方もおられるかと思います。山道走行の場合と市街地走行の場合の燃費を比較してみます。

山道走行

  • 道を見極めながらの走行
  • 路面状況によりエンジンの力をロス
  • 信号や交通渋滞の恐れがない
  • 悪路は一定区間のみ
  • 上り坂による燃費悪化

市街地走行

  • 交通渋滞に遭遇
  • 信号によるストップアンドゴー
  • 一定速度で走れない
  • 路面状況は良い
  • 時間あたりの走行距離が短い

両方とも中長距離を走行する場合よりも燃費が悪くなります。市街地走行の場合よりも少し悪いと思って燃費を計算していただけると良いです。

 

ジムニーの燃料費は年間でいくらになるのかシミュレーションしてみます。

年間走行距離は、街乗りをメインにした場合を8000km
通勤やドライブで中長距離を頻繁に走行する場合を12,000kmとして計算します。
レギュラーガソリンの価格は145円/Lとします。

街乗りをメインにする場合(駆動方式2WD)
(8000km ÷ 14.6km/L)× 145円/L = 79,452円/年(6,621円/月)
通勤やドライブで中長距離を頻繁に走行する場合(駆動方式2WD)
(12,000km ÷ 17.5km/L) × 145円/L = 99,428円/年(8,285円/月)

旧型ジムニー(ja11、jb23)からどのくらい燃費が改善したのか

まずは新型ジムニーのカタログで公表されている燃費から見ていきましょう。

新型と旧型の燃費は以下のようになっています。

新型ジムニー5MT車

WLTCモード/16.2km/ℓ
市街地モード/14.6km/ℓ
郊外モード/17,5km/ℓ
高速道路モード/16.5km/ℓ

新型ジムニー4AT車

WLTCモード/13,2km/ℓ
市街地モード/11,0km/ℓ
郊外モード/13,9km/ℓ
高速道路モード/14,2km/ℓ

新型ジムニーは圧倒的に5MTの方が燃費が良いことが分かりますね。

続いて先代ジムニーに燃費も見ていきましょう。

旧型ジムニー(jb23)5MT車

WLTCモード/14,8km/ℓ

旧型ジムニー(jb23)4AT車

WLTCモード/13,6km/ℓ

※カタログ記載はWLTCモードのみ

新型と旧型のジムニーを比較すると5MTでは燃費が向上していますが、4ATでは逆に燃費が落ちていることが分かりますね。

また、20年以上の型であるにも関わらず人気を誇っているのがJA11型です。

こちらは、高年式車である為個体によって燃費は様々ですが、

6〜10km/L

と大きく開きがあります。何れにせよ旧型は燃費が悪いことがわかります。

ジムニーの燃費はライバル車と比べて悪すぎる?

他の自動車との燃費の違い

ジムニーの燃費は一般に悪いと言われていますが果たしてどうなのでしょうか?ライバル車種と言われている以下の二車種と比較してみます。

ハスラー(Jターボ、4WDCVT

1,705,320

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

ワゴンRの走行性能をそのまま引き継いで、外装をオフロードテイストに味付けしたものがハスラーになります。オフロード性能に耐えうるボディデザインと内装が特徴です。

WLTCモード

26.2 km/L

実燃費

16.2 km/L

ジムニーと比較して格段に燃費のいい車体になります。

ジムニーは先代より引き継がれている、歴史のあるラダーフレームやオフロード仕様の足回りを搭載している為、他車種よりも車重の重い車になります。

キャストアクティバ(Gターボ、4WDCVT

1,711,800

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast/03_exterior.htm

人気車種である、CASTシリーズ。オフロードテイストに味付けしたものがアクティバになります。専用のアルミフレームにオフロードに馴染む外装を装備しており、どのようなコンディションでも快適に目的地まで運んでくれます。

WLTCモード

24.6 km/L

実燃費

17.89 km/L

ハスラー同様、ジムニーよりも燃費がいい車種になります。軽自動車としては比較的コンパクトな車体で固めの足回り設定を行うことで優れたオフロード走行性能を誇ります。

 

ジムニーは、他車と比較して燃費が悪いです。ジムニーのみに搭載されているフレームや装備は他の悪路走行性能と一線を画すものがあります。

燃費を気にせずジムニーで存分に楽しみたい!という方にオススメの一台です!

 

燃費の向上方法

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/

新型ジムニーの燃料消費率を効率良く向上させるためには、どうしたらいいのか見ていきましょう。燃費を向上させるには色々な方法がありますが、どれも比較的簡単にできるのでご紹介していきます。

運転によって実際の燃費は向上!

アイドリングは極力避ける

アイドリングをしないように心掛けるだけでかなりの燃費の節約になり環境にも優しいのでおすすめです。

エアコンの使用はなるべく控える

真夏や真冬の時期は別として不用意にエアコン使用すると燃費に大きく影響しますので注意しましょう。ちなみに車のエアコン(A/C)は車内を冷却、除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。

急激なアクセル操作は厳禁

車を発進させる場合にはアクセルは、強く踏み込むのは燃料の消費を大きくさせるので緩やかに踏み込むように心掛けましょう。

車内をできるだけ軽くしましょう。

車重によって燃料消費率も大きく変わってくるので必要のない荷物などは極力、車から降ろすようにしましょう。

日々の整備で燃費向上!

タイヤの空気圧を適正値に保つ

車のタイヤの空気圧は自然と抜けていくのでこまめにチェックするようにしましょう。

オイル交換を定期的に行う

自動車のコンディションを大きく左右するのがエンジンオイルです。古いエンジンオイルを使うと、エンジンが痛む上に燃料の燃焼効率が悪くなります。購入時に定められたメーカー推奨の交換時期で交換しましょう。

定期点検を行う

自動車は、精密機器の集合体です。不具合が生じると他の部分に不具合を誘発する恐れがあります。定期的に整備をして良好なコンディションで走行しましょう。

 

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-