下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

スズキジムニーの納車が待ちきれない、、。

ジムニーの納車期間が最大で1年かかるとも言われている納車状況のため、ジムニーの納車日を首を長くして待つ人も多いのではないでしょうか。

納車されるまでにやることは意外とあります。

ジムニーが納車されたらすぐに快適なカーライフを過ごせるように、やるべきことを済ませておきましょう。

ジムニーの納車待ちについて

納車状況は?

ジムニーの納車待ちの期間は、異常な長さになっています。

その期間は、なんと1年

今、ジムニーを買っても、納車されるのは1年後になるだなんて、、。

ジムニーの納車状況に影響するものとは?

  • 契約日
  • ボディカラーやメーカーオプションの種類と数
  • 馴染みのディーラーがいるかどうか

ジムニーの納車状況は、発売日前と後に契約したのでは、1ヶ月以上も納車日が違うこともあるようです。

ジムニーの発売日は2018年7月5日。予約受付が始まったのが6月18日の発表日前後のため、7月までに契約していれば1ヶ月程度で納車されている人が多いようです。

しかし、発売日の7月5日を過ぎると納車状況は一変します。

発売日当日に予約した人で、3ヶ月から半年。発売日以降なら、半年以上の納期です。

ジムニーの受注状況について

ジムニーの受注状況は、スズキの予想を大きく上回る人気ぶりです。

スズキが掲げたジムニーの年間販売台数の目標は、15,000台

しかし、蓋を開けてみれば、発売した段階で、年間目標販売台数を大きく上回る17,000台を受注しています。

ジムニーは目標(推定)販売台数に合わせて生産されるため、あらかじめ用意しておいた台数が一瞬で売り切れたことになります。その結果、納期が1年以上という異例な状態になっています。

ちなみに、受注台数17,000台というのは、決して珍しい数字ではありません

同じ時期に発売された、クラウンの新型の1ヶ月の受注台数は30,000台。フォレスターの新型の受注台数も9月の時点で13,000台を超えています。

ジムニーの納車待ちの期間が1年を超える異常事態を巻き起こした一番の理由は、スズキが想定した以上にジムニーのフルモデルチェンジを待ち望んでいたファンがいたということです

スズキとしては、嬉しいことですが、ジムニーが欲しくてたまらない人にとっては、なんとか増産して納車待ちの期間を短くしてほしいです。

スズキがジムニーの増産に踏み切れなった理由

生産ラインに伴うコスト

生産ラインを増設するのは容易なことではなく、労力と時間お金が掛かり綿密な計画の元にされるために増産までにどしても時間を要してしまいます。

生産ラインの増設後の販売台数の維持

ジムニーは確かに人気の高い車ですが、ファン層は限られています。

既存のファンにジムニーが行き渡ったら、納車待ちの期間はさらに短くなることが想定できます。逆に言えば、将来的に安定した販売台数が見込めるか、判断がつきづらいことが、スズキがジムニーの増産に思い切って踏み切れない理由とも言えます。

これからの時代は、環境問題や燃費の良さがより一層求められます。そのため、ハイブリッドや電気自動車の需要が高まっています。そういった時代背景を踏まえると、燃費が決していいとは言えないジムニーの増産にかけるコストは抑えたいというのが本音でしょう。

ジムニーの増産が決定。2019年1月から。

2018年の9月にスズキ自動車は静岡県の湖西工場において新型ジムニーの増産をすることを正式に発表し従来の1.5倍の生産増強を目標にしています。

増産するためには、ラインを新たに増設したり、人員の配置など準備が必要です。本格的な増産は2019年1月からと言われています。

したがって、2019年以降、ジムニーの納車待ちの期間も短くなっていくことが想定できます。

ジムニーの納車待ちを短くする方法

現段階で、ジムニーの納車待ちを短くする方法として考えられるのは、

  • 在庫があるグレードやボディカラーを選ぶ
  • キャンセルになった車を買う
  • 販売店をたくさん回る

メーカーは人気のあるグレードやボディカラーを多く生産しておきます。そのため、一般的には人気グレードとボディカラーを選べば、契約してから生産することが少ないため、納期が短くなります。

しかし、ジムニーは現段階で生産が全く追いついていない状況です。

逆に、あらかじめ生産したけど、売れ残ってしまっている在庫車を見つける方が納車日を短くできる可能性があります。また、なんらかの理由で契約後にキャンセルになった車も見つけることができれば、ラッキーです。

ただ、ボディカラーが限定されたり、メーカーオプションが付けられないというデメリットがあります

ジムニーはディーラーによって、納車日に違いが大きくあります。1ヶ月以上違うことは本当によくあるようです。

そのため、最短で納車してくれるディーラーを探すことも有効です。

そして、ジムニーを最短で納車してくれるディーラーが見つかればいよいよ、契約です。契約してから納車日までに忘れずにやっておかなければならないことがあります。

これを怠ると、せっかく納車日をまったのに、すぐにジムニーに乗ることができない。ということにもなりかねないため、しっかりと準備しておきましょう。

ジムニーを契約してから納車までにしておくこと

納車待ちの間にやるべきこと

  • 任意保険の加入手続き
  • 駐車場の用意
  • 納車後のドライブ計画
  • 愛車をいたわる

任意保険の加入手続き

初めて車を持つ場合、任意保険の手続きを忘れがちです。これがないとせっかく新車が納車されてもすぐに乗れないということになるので忘れずにしておきましょう。

駐車場の用意

ジムニーが納車されても、駐車場がないとなると笑い事じゃなくなってしまいます。自宅に駐車場がない場合は、近隣で月極駐車場を契約する必要があります。

しかし、都心では特に空いている駐車場がなかったり、見つかったとしても自宅から遠かったり、駐車料金が高かったりします。

安く借りられる方法は、主に2つです。

  • 知り合いのツテを頼る
  • 仲介業者から借りる

知り合いのツテを頼りに、駐車場を持っている人を探す。もう一つは、駐車場の仲介サービスを使うことです。

東京や大阪など都心に住んでいると、知り合いのツテはなかなか頼りにできません。そこで、アパートと同じように、駐車場も業者に仲介してもらうことで、安く借りられることがあります。

仲介業者の場合、アパートと同じように、空いているよりも、1円でもいいから借り手がいる方がメリットがあります。そのため、東京や大阪など主要都市で、何とかして安く駐車場を探したいという場合便利です。

安い価格で月極駐車場を探す(公式サイトへ)

納車後のドライブ計画

納車日はどうしたって待ち遠しいものですが、その時間を使って家族や友人とCX-8に乗ってどこにでかけるか計画を立てるのもいいですね。キャンプも同じで計画を立てる時間は、とても楽しいものです。

愛車をいたわる

物に意思や感情があるわけではないですが、物を扱う人間には意思も感情もあります。長年乗った車はあなたにとって単なる物を超えた存在になっているはずです。手放す前に自分自身の手で丁寧に洗車してあげるのもいいかもしれません。

納車待ちの間にやってはいけないこと

  • 下取りに出す愛車にキズがつけない
  • 別のディーラーでジムニーの見積もりを出してもらわない

契約した内容が妥当だったのか確認したい気持ちがあるのはわかりますが、他のディーラーで、もっと安くジムニーを買うことができたと知っても、後悔しかわかないのでやめておくのが賢明です。

ただ、予算ギリギリでジムニーを買ったため、経済的に厳しい、、。

そんな悩みを持っていたりしませんか?

実は、ジムニーを購入してからでも、支払い総額を減らす方法があります。参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ジムニーの支払い総額を50万円以上減らす裏技とは?

ジムニーが納車されたらすること

ジムニーが納車されたら、まずすることについて紹介します。

納車時の説明をしっかりと聞く

待ちに待ったジムニーの納車日。気分が浮つくのもわかりますが、営業マンの説明はしっかりと聞きましょう。

納車されたときは、営業マンから車の操作の説明を聞き分からない点があれば遠慮せず質問しましょう。

更に車内と外を一通り目視して、汚れや目立った傷がないかも確認することも忘れてはいけません。

給油

新車の納車時には、必要最低限の燃料しか入っていない場合がほとんどなので給油をします。

後回しにしてしまうと、ガス欠で立ち往生ということにもなりかねません。ジムニーはオフロードを走ることが多いので、山道でガス欠になったらと思うとゾッとします。

コーティング

コーティングをオプションとして勧められることが増えています。
『コーティングをしておくと、綺麗な見た目が長持ちしますよ』などと言われれば、ついつい10万円近くするコーティングをしてしまいます。

確かにコーティングは綺麗な見た目になりますが、注意しておかなければならないのは、”メンテナンスは必要”ということです。水洗いだけで大丈夫などと言われることがあるようですが、正しいやり方でメンテナンスをしないと、水垢がのこったりして見た目が悪くなることがあります。正しい知識を持っていないと自分でワックスがけするよりも大変な手間になることを予めしっておきましょう。

また、ディーラーでコーティングをせずに、専門業者に直接依頼したり自分でする方法もあります。コーティングの必要性と、自分でコーティングする時におすすめのコーティング剤については下記の記事をご覧ください。

コーティングは必要?自分でする場合のおすすめのコーティング剤を紹介!

安全祈願

最近では、する人も減ったようですが、初めて車をかったならしておくのもいいです。

安全に対する意識も高まります。

「急」のつく走行や、狭い道の運転は避ける

感覚をつかむまで狭い道は極力控えるのが無難です。

特に車体サイズの違う車に乗り換えた場合には、車幅の感覚もつかみずらいのでなるべく慣れるまでは大きな道を選んで走りましょう。

オイル交換を早めにする

オイル交換は通常の場合は長くても5000km位が目安となりますが、新車では1,000km~2.000kmぐらいでオイル交換するのが良いとされています。

理由としては新車の場合には、細かい金属粉が大量にでるので除去するためにできればやったほうが良いでしょう。

ジムニーでは、特にオイル交換はこまめにやることをおすすめします。

ジムニーを乗る上で、一番大切にするべきこと

ジムニーは、本格的なオフロード走行に合わせて作られた車です。

そのため、悪路走行する機会も少なくないと思います。

しかし、ジムニーの頑丈さだけに頼って、メンテナンスを怠ると、事故につながる危険性が増します。

メーカーのメンテナンスパックを利用するなどして、日常の点検をしっかりとして、安全で楽しいジムニーライフを送りましょう。

ジムニーが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』
 
といったようにジムニーの購入で悩んでいませんか?
 
ジムニーの値引き方法について調べて見ても、
 
わかることは多くありません。
 
また、値引きには実質限界があります。
 
さらにジムニーは納期が半年以上先になるほどの売れ行きです。
しばらく価格は安くならなそうです。
 
『ジムニーの購入は一旦見送るか・・』
 
そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、
 
『本当は最上級のXCを選びたい。』
 
『3トーンルーフカラーを選びたい。』
 
『カスタムパーツをたくさんを選びたい』
 
そんな願いも叶えることができます。
 
車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!
 

こちらの記事も人気!-Recommend-